人気記事ランキング

皆々様今晩は⭐︎

めがねのGigi間島勇大です。

普段私は表参道にて美容室を経営してたり、ウエディング、インテリア、グリーンとかやってます。

先日、弊社の三時面接が終わりました。

それでこんな事を呟きました。

 

 

本当にどの子達も素晴らしく、全員取りたかったけど取れず、自分の力のなさを実感しております。

ぬぁーーーー!!!!!

Gigiで働きたい気持ちをひしひしと感じるんですよ。

サロンワーク、ヘアメイク、色々やりたいってね。

ぬあーーーー!!!!!!!!

それで、スタッフと話してて「こうしてたぁ」「ああしてたなぁ」と言う話をしてたので、ちょっとした昔話です。

えーとですね

好きな仕事、やりたい仕事は待っててもきません。

えっ?

なんの話??

ってのは、チャンスを逃すので、チャンスを掴みたい人はみてくださいね笑

でも大した話じゃないです。

僕は美容師という立場ですが、初めは地元の美容室で働いていました。

本当に素晴らしい会社で、初めにここで働けた事は僕にとって、とても、とても大きな財産です。

そんな充実した日々の中でふと、雑誌でヘアメイクをやりたい、撮影をやりたい!

そう思うようになりました。

今でこそ場所は関係なくなってますし、美容師のフォトブームは来てますが(もう当たり前だし、なんなら終わったし、続けてるやつだけ結果出てる)、当時は作品を持ち込んでも場所はどこ? んー東京じゃないとねって感じでした。

勿論僕のスタイルが下手くそだったからもありますが。

写真がないのがいたい!

本当にひどかったwww

地方にいたし、周りで当時撮影やってる人達もいなくて、でもどうしてもやりたくて。

昔話ですからね!

今はどこでも発信できるし、初めのお店もやってるし、いくらでも上手くなれます。

クリエイティブな撮影も素敵だし、本当にかっこいいし、今思うと場所関係なくバリバリの人はどこでもいるなって!

んでも、僕は東京で雑誌のヘアメイクや撮影をしたかったんです。

やりたい仕事は待ってても来ません。(例外はありますが)

ですので、社長に頭を下げ東京に行きたい気持ちを伝え、今現在に至ります。

やりたいやりたいと思っても、そう簡単にはやれないし、勝手も分からずなので、できるだけ現場について行かせていただきました。

先輩の現場 友達の現場 行けるところはお願いもしたし、モデルの手配ももちろん、お金を払っても地方についてったりとできることはやりました。

将来の自分への投資です。

仮に仕事をもらえたとしても、僕にそのセンスや技術、作法がわかってなければもう仕事は来なくなってしまいます。

一回だけやるなんて、そんなものは求めてないですよね?

夢物語で終わらせないためにも、できるだけ準備という名の引き出しを増やすことです。

僕がアシスタント時代にやっていたことは、

【その雑誌のためだけのブック】 【企画】

この2つです。 厳密に言うと色々やってましたが。

その雑誌のためだけのブックとは

ブックとは自分の作品集です。今だとインスタグラムなんかもそれになります。

媒体によってターゲット層が違うので、自分のセンス見てよー!というブックだと弾かれてしまう可能性があります。

それが悪いわけではないのですし、そこから撮影の依頼もくると思いますが、男性媒体に持ち込むのに女性ばかりだと???となってしまいますよね?

そこで、ピンポイントにその媒体のターゲット層を意識したブックを別に作りました。

よく出ているモデルや、ヘアメイク、モデルさんに頼んで間島さんて人上手いよって言ってくれよという根回しwもちろんうまくないとダメなので死ぬほど練習しました。

企画

これはブックと一緒に持ち込んだのですが、こういう紙面は面白いんじゃないか、こんなのが流行るんじゃないか、こんな企画なら読者が見て共感してくれるんじゃないかなど、生意気にも編集さんの立場になって作っていきました。

ラフなんですが、よりリアル感を出すためにモデルさんで撮影をして企画書に写真を貼ったりしてました。

その企画が通れば間違いなく僕に仕事は回ってきますし、ダメでもどこが悪かったか聞いて改善しまた持ち込んでました。

心が折れたらだめです!

ダメなところを教えてもらえることは本当に財産になります。

媒体に出してもらえるということは、ただ撮影をするだけではなく、一緒に作っているんです。

読者のこと、クライアントのことを考えて モデルが輝くようにするのか、服やアクセサリーなどのモデルが身につけるものなのか、ヘアスタイルなのか。

僕はこういったことをアシスタントのうちから準備して4月デビューだったんですが、4月に紙面デビューしました(4月に紙面になるには2月には撮影は終わってます)

スタイリストになってからも、売上がなかったので、読者モデルの、普通ヘアメイクなんてつかない子の現場に土曜日や定休日だけどいったり。

お金なんて出ないような現場にガンガン行って名前を覚えてもらいました。

そういった行動が、今の自分を、好きなやりたい仕事をさせてもらえているのかなと思います。

準備と行動、待ってるだけでは仕事は来ません。

そんなことねーよって思う方もいるかもしれませんが、僕がやってきたことを書いただけですの、参考程度にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ 何が言いたいかと言うと

仕事ください!!!!

https://www.instagram.com/majimayudai/

The following two tabs change content below.
majima

majima

OWNER
【ラフで大人可愛い 】【ラフで大人カッコいい】スタイルをお届けします。 似合わせカットを武器に誰にでもある似合うを。トップクオリティの技術と接客でお客様のご要望に答えます。 Gigiは一軒家のゆったりサロン☆特にボブ、ショートスタイルが得意で、再現性のあるナチュラルスタイルが得意です。 メンズの方も多いので安心してご来店ください。スポーツ選手、モデル、タレントも多数いらっしゃいます☆