人気記事ランキング

Gigiのぐちやまこと山口です!
今回はブリーチをしないでどこまで赤みを消したカラーが出来るかを説明していきたいと思います!
ブリーチをしないで赤みを消すメリットは

  1. ダメージが大きく出ない。
  2. 色落ちが早くない。

という事が大きなメリットになります!

逆にデメリットは

・髪の状態により一回で赤みを消す事が出来ない事があり、色味の積み重ねが必要な場合もある。という事。
ブリーチをした場合のメリットは

  1. 一回で赤みが消える。
  2. 鮮やかに色が出る。

というのが大きなメリットで、デメリットは

  1. 色抜けが早い。
  2. ダメージが大きい。

という事です。
働かれている女性の皆様の多くは、

【ブリーチはあまりやりたくない」

と言われます。
そこで、ブリーチをしないでどこまで赤みが消えるのかを検証していきましょう!

まずは1回目のカラーから。

仕上がりは赤みが消えていますが、この仕上がりだと色が抜けた時にまだオレンジ色に抜けてくると思います。

2回目

前回染めた色で、どれくらい赤みが残っているかをチェックしてより適確に色を選びカラーをしていきます。

1回目の仕上がりより、赤みが消えて透明感が出ているのがわかると思います!
3回目

3回目になるとほぼ赤みが出なくなりより透明感がでる色に仕上がります!

大体3回くらいでどんな髪質の方でも赤みを無くすことが可能です!

働いていて髪色が明るくできないけど透明感のある髪色にしたい方へ!!

ブリーチをしなくても赤みは無くすことができますので、ブリーチをしたくない方は是非参考にしてみてください♪