人気記事ランキング

Gigiのぐちやまこと山口です。

 

今回は、初めてご来店されるお客様からよくご相談されるカラーのお悩みを

皆様に伝えていこうと思います。

 

ほとんどのお客様から言われるのが、

『色抜けが早い』

という事です。

カラーは必ず褪色していくものですが、明るいカラーにした時と

暗いカラーにした時とでは色抜けのスピードが異なります。

 

10045602662_s

 

上の画像がカラーチャート(色の明るさを示す基準のもの)です。

4〜15レベルまであり、数字が小さいものが暗く

大きくなれば明るくなっていくというものです。

大体4・5レベルが自毛に近い色。6・7レベルが暗めの色。

8レベルがカラーの基準になる色で、9〜12レベルが明るめの色。

13〜15レベルがブリーチやライトナーを使って出すような明るさの色。

となっています。

基本、明るめのカラーにすると色抜けが早くなり、暗めのカラーにすると色抜けが

遅くなります。

まずはこの事を頭に入れていただけたらと思います。

 

では、『色抜けを遅くするにはどうしたらいいの?』

というアドバイスを山口主観で伝えていこうと思います。

まずは、先ほどお伝えしましたが、{明るい色=色抜けが早くなる}

となりますので6・7・8レベルの標準〜暗めの色を選ぶといいと思います。

そこで起こる次のお悩みが、

・『暗くすると髪の毛が重たく見えてしまう』

『思った以上に髪色が暗くなってしまった』

というお悩みが出てきます。そこで皆様に提案したいカラーが、

{暗くても重たく見えない色。}

です!!どういう色かと言いますと

PSX_20160519_125324

 

上の画像は7レベルの明るさで染めているのですが、

室内で見ると落ち着いた色(写真右部分の色)に見え

外で見ると透明感のある色(写真左部分の色)に見える

ような色を選ぶの事がいいと思います!

 

PSX_20160519_125020

 

PSX_20160519_124817

 

髪質などにより個人差はありますが、暗めのカラーでも透明感が

出て色抜けも遅くする事ができますので、是非参考にしてみてください!

The following two tabs change content below.
yamaguchi

yamaguchi

店長
カラーの色抜けが早い。カラーが抜けた後の髪色が気になる。カラーのダメージが気になる。自分が思った色にならない等のお悩みが多いと思います。そんなカラーのお悩みをお持ちであれば是非お任せください!!